117クーペ

トラックメーカーが作った117クーペ

いすゞの乗用車といってすぐにピンと来る方はきっとそれなりに年齢を重ねている人でしょう。

現在、トラックやバスなどしか作っていないいすゞですが過去には乗用モデルやスポーツモデルなども作って販売していました。

中でもいすゞの乗用車として有名なのが117クーペというモデルです。

117クーペは、1968年にいすゞの当時に高級車種であるフローリアンのスポーティーモデル的な意味合いで作られたものです。

イタリアのデザインを採用した2ドアクーペモデルとして作られ、エンジンも1600ccから2000ccまで用意され、一部のエンジンではDOHC化されたものもありました。

見た目もエンジンもそこそこ良かったのですが、非常に残念なのがサスペンション、117クーペではフローリアンをベースとして作られているため、シャシー周りは安定志向であり、サスペンションもフロントこそダブルウィッシュボーンと独立懸架方式を採用していますが、リヤサスペンションはリーフリジットといったセダンモデルとしては十分なものであったのですが、スポーティーモデルという目で見ると性能面でかなりの制約を受けることになります。

当時から「いすゞはトラックのメーカーだから仕方がない」といった皮肉っぽい納得の仕方をすることが多かったようです。

このモデルの最大の特徴は非常に長い期間、生産され続けたことです。

生産開始が1968年、初めてのマイナーチェンジが1973年、2回目のビッグマイナーチェンジが1977年でそのモデルが生産終了となったのは1981年とほとんど姿を変えない形で13年も作り続けられてきたのです。

通常の乗用車のモデルサイクルと比較してみても2倍から3倍ぐらいの期間、売られ続けました。

その後ピアッツァの登場によって、生産終了となりましたが、やはりいすゞは乗用車を作ることがあまり得意ではないようです。

 

サイトマップ