スバル・360

軽乗用車のはしりとなった【スバル・360】

日本には独自の自動車文化として軽自動車というジャンルがあります。

 

軽自動車は戦後復興を促すために、排気量の小さなエンジンを搭載する超小型車の全金を安くしたことに端を発するのですが、それによって商用目的の軽自動車がオート3輪に代わってたくさん作られるようになりました。

 

しかし、世の中がそれなり裕福になり、仕事用ではなくプライベート用の車の需要が出始めたため、各社では軽商用車ではなく、軽乗用車の開発に力を入れたのです。

 

そういった中でスバルから作られたのがこのスバル360という軽自動車です。

 

この車は1958年から1970年まで作られていたモデルで、国産車では非常に珍しいモノコックボディに名前の由来ともなる360cc空冷式2ストローク2気筒エンジンをリヤに搭載していました。

 

当初はFFモデルとして発売するということも考えられていたのですが、当時のユニバーサルジョイントは等速ではなかったので、それによる運転感覚の悪化を避けるためにリヤエンジン、リヤドライブを採用しました。

 

サスペンションも当時としては珍しいトーションバースプリングを使ったトレーリングアーム方式を採用しており、いわゆる四輪独陸懸架方式を採用していました。

 

ボディのデザインは、この車の最も特徴的なもので、現在に至るまでの人気の秘密ともなっているのですが、このデザインはもともとは西ドイツ時代であったフォルクスワーゲン・ビートルのデザインをモチーフとしており、それをコンパクトにした形で作られたものでした。

 

ボディにおいて特徴的なのが前開きのヒンジドア、現在では、走行風によって開く可能性があるということでなかなか認められない構造ですが、当時はそういったお咎めもなく、前開きのドアを採用することができました。

 

この車は、ぜひとも雰囲気を味わってもらいたいです。2ストロークエンジンのポンポンという音と真っ白な煙、前開きドアの乗り降りなど、現行車種では絶対に味わうことができないことを楽しんでもらいたいと思います。

page top