旧車のリセールバリューと中古車の選び方

旧車のリセールバリューはどうなの?

自動車の売却といえば買取店や中古車販売店などで行うものですが、この場合どこの店舗のおいても年式が新しく、走行距離が短い方が高い金額付くのが当たり前です。

年式が新しければ、車の部品として使われているものの劣化が少なく、金属疲労も少ない、ボディ塗装もきれい、走行距離が短ければ、可動部分の劣化や摩耗、故障を起こす確率が低くなると、車としての商品価値がぐっと上がりますので、当然のことでしょう。

しかし、世の中にはそういった年式や走行距離などといったいわゆる単なる車の価値とはちょっと違った価値を持つ車があります。それが旧車です。

旧車・・・、ヒストリックカーなどと呼ばれることもありますが、一言でいえば古いモデルのことで、いわゆるクラッシックカーといった歴史的な価値を持つモデルほど古くはなく、現実的に使うことができそうな年代に作られた車のことです。

これらの車の魅力は、これだけいろいろな先進技術が開発され、それを使って作られた車ばかりとなった中で、その進化の過程で失ってしまったものを持つことです。

確かに性能面から言えば今の車の方が優れています、しかしそのいろいろな性能向上のために車としてのいい部分を捨ててしまってしまったということです。

もちろんこの魅力を求める方はこの世の中にたくさんいます。

お金持ちで輸入車などを現金一括で購入するぐらいの経済力を持っている方でも何十年も前の一般の人からすれば全く価値のないような車に何百万円も出して買う人もいるぐらいです。

それだけ昔の車というのは非常に価値のあるもので、それに対する需要があるため、それらのものの価値が思ってもみないような金額になることもあります。

ただ、古ければ何でも高くなるということではなく、その当時としては最先端の技術を使って作られていたとか、今の車にはない斬新なデザインと持つとか、この車なくして現行モデルは考えられないといったような、日本の自動車文化に多大なる影響を与えたようなモデルだけが非常に高い価値を持つことになります。

旧車の選び方は中古車選びと少し違う

旧車は、はっきり言って車という機械としての価値は全くないといっていいでしょう。なぜなら古すぎます。

古いということは工業製品、機械にとっては非常に大きなデメリットであって、きちんとメンテナンスをしていたとしても致し方ない故障や不具合が出てもおかしくないのです。

そういった車を好んで買うわけですから、買う側も目先のものにとらわれるだけではなく、そういったリスクを承知のうえで購入したいものです。

こういった車を選ぶ時はまずはその車の状態が良し悪しが重要になります。

ボディ、エンジン、トランスミッション、ドライブトレーン、サスペンション、インテリア、装備などといったものがどれだけいい状態なっているかということが選ぶうえで一番大事な部分です。

しかし、こういったものを見る時に例えば中古車販売店に行って数年落ちの中古車を買う時と同じ目で見てはいけません。たぶんそういった目で見て選ぶと一生、旧車など買うことはできないでしょう。

旧車は簡単にいってしまえば、本来なら廃車になってしかるべき古い中古車です。ですので、新車に近いような形で残っているものは絶対にありません。

モデルによっては古レストアなどといって、全体が非常にきれいな状態なっているものもありますが、それはあくまでも大幅修理を行ってきれいに見せているだけですので、耐久性はほとんど変わりません。

ですので、車のどの部分もいつ壊れてもおかしくないといったことになりますので、そういった目線で選ばなければなりません。

旧車を選ぶ時はとにかくまずこの部分をしっかりと理解してからで、デザインや性能、価格などはそのあとに考えることになるかと思います。

旧車の売却に役に立つサイトを紹介します。

【ベンツ買取査定の体験談】最高額で売れたのはこの方法でした。
旧車の中でも外車はとくに査定額の差が大きいもの。一括査定ならベンツの専門店が簡単に見つかるので高価買取のチャンスがあります。

 

サイトマップ